礼拝メッセージ2017
                
諸集会の案内
年間行事予定
特別集会案内
礼拝メッセージ
Copyright © 2012-2017 Oizumi-Christ-Church All Rights Reserved
福音伝道教団
大泉キリスト教会

Oizumi Christ Church
毎週日曜日 
朝10時半より礼拝

Second Sunday PM 2:00
English Service
連絡先
 群馬県邑楽郡大泉町住吉30-8 
        (ベスタ大泉近く)
 電話 0276-63-2329
 アクセス(教会への行き方)
日付 聖書個所 メッセージタイトルMP3(2週分) 説教要旨
2017年5月21日 詩篇8篇
私たちの主なる神様は、天と地においてほめたたえられるべきお方です。幼子、乳飲み子の口によってさえ力を打ち建てることができるのです。さらに、この自然はすべて神の御手のわざです。このような偉大なお方が、人に目を留められる。留めるどころか、顧み、そして神様の創造の御業であるこの世界を私たちに託されたという驚き。私たちは、一人一人がこの世界にあって管理者としての責任を担っているのです。そして日々、主なる神様の御名をほめたたえつつ歩んでまいりましょう。【聖書】創世記1:27、28
2017年5月14日 出エジプト29:42-46「祭司として召された者」
29章は祭司職の任職についての箇所です。レビ記8章も後ほどお読みください。この箇所を通して、さらに祭司として歩むクリスチャンの姿にも目を向けましょう。まずその任職のために必要なものの準備、さらに身を洗い、油注がれます。続いて、罪のためのいけにえ、全焼のいけにえ、和解のいけにえが続きます。この順番はまさに私たちにとっても罪の赦し、献身、そして主との交わりの回復と和解の使者として生きる歩みを重ねられます。日々私たちとともにいてくださる神と出会い、語り、ともに歩みましょう【聖書】Ⅱコリ1:21-22
2017年5月7日 出エジプト28:40-43「あなたは何を着ているのか」
【録音途中で切れる】
28章は祭服について書かれています。まず大祭司のエポデについてあります。肩には十二部族の名を刻んだ石が受けられます。大祭司は、民の代表として、神の前に立つのです。続く胸あてにも、十二宝石、さらにはウリムとトンミムという道具も出てきます。さらに青服には鈴がつけられ、主の前の奉仕に携わっていることを覚えます。純金の札には「主への聖なるもの」と刻まれます。この大祭司の姿に今日は真の大祭司である主イエスを覚えつつ、最後に「キリストを着る」という事を覚えてまいりましょう。【聖書】ヘブ4:14-16、7:24-25、ロマ13:11-14、ガラ3:26-27、Ⅱコリ3:18
2017年4月30日 使徒1:3-11「キリストの証人となる」
【メッセージメモ】メッセージを聞きながら【 】を埋めましょう。 
☆主イエスの公の宣教の第一声は【    】が満ち、【        】は近くなった。悔い改めて【     】を信じなさい。マルコ1:15
☆神の国の意味する第一の事は神の【        】のことです。
☆イエス様は十字架の死と復活を通して、【    】と【   】と【    】に勝利しました。
☆神様が私たちに願っていることは【      】の力を受けて、【      】の【    】となることです。
2017年4月23日 ルカ24:28-32(13-35)「しんじて、もやされる」
【メッセージメモ】おはなしをききながら、【 】をうめていきましょう。 
☆きょうのできごとは【エ        】から、【エ    】にいくみちのできごとでした。
☆ふたりは、イエスさまの【じ      】のことや、【ふ    】のことをはなしていました。
☆イエスさまはふたりに【き    】せいしょから、ごじぶんのことをはなされました。

≪きょうのけっしん≫
イエスさまをしるだけでなく、【し      】ます。
せいしょを【よ    】、こころを【      】ます。
2017年4月16日 ヨハネ20:1-18「死を打ち破った復活」
【メッセージ要旨】イースターはイエス様の復活を喜ぶ時です。福音とは、イエス様が私たちの罪のために十字架で死なれ、そして死を打ち破られ、よみがえられたという良き知らせです。復活という出来事を私たちは簡単に信じることが出来ません。弟子のヨハネもイエス様の復活を目撃するまでそうでした。しかし彼は、見て、信じたのです。マリヤも同じく復活のイエス様に出会いながら分からず、「だれを捜すのか」と問われました。皆さんはどうでしょうか。イエス様の復活を信じていますか。復活の希望を持っていますか。復活の主とともに新しい歩みに立ち上がっていますか。【聖書】Ⅰコリ15:14、使徒4:12
2017年4月9日 出エジプト26:31-35(25-27章)「大胆に入れ」
【メッセージ要旨】25章においては幕屋のための必要は一人一人の心からささげもので支えられます。さらに契約の箱、贖いのふた、ここにはイエス様の贖いを重ねます。パンの机、燭台、そこにもイエス様のことばを重ねます。そして主の命じられたとおりに作る。26章では幕屋そのものです。特に聖所と至聖所の仕切りはイエス様の十字架の出来事を思います。27章では祭壇、庭について、いけにえをささげて神の前に立つのです。そしてともしびを灯し続けるのです。【聖書】ヨハネ6:35、8:12、マタイ27:46-51、ヘブル10:19,20、4:16、Ⅰコリ3:16
2017年4月2日 教団聖会のためビデオ礼拝